maru garden
IKEAへGO!!
行ってきましたよ。本場のIKEA!
『IKEA』の意味は
Ingvar Kamprad(創業者の名前)
Elmtaryd Agunnaryd(彼の故郷)
の頭文字を並べたものだそうです。

平日のみ中央駅前から無料のシャトルバスが出ているので
そちらを利用する事 約20分・・・。
d0260014_17371167.jpg

d0260014_1739588.jpg

ひ、広い〜!
さすが世界一の広さ!
d0260014_1738444.jpg

レストランは大盛況!
d0260014_17432817.jpg

たくさん買う方は、カートを利用します。
d0260014_1751961.jpg

d0260014_1746347.jpg

そしてお昼はもちろん、
Köttbullar(ミートボール)でしょ!
d0260014_17412514.jpg

ついつい、たくさんお買い物をしてしまったのでした・・・。
IKEAのシメは、やっぱりホットドックで!
d0260014_17465329.jpg

[PR]
# by marugarden | 2012-08-13 17:32 | 訪れた場所
森の墓地
アスプルンドを訪ねて・・・
d0260014_0193986.jpg

d0260014_0274372.jpg

d0260014_0362329.jpg

遂にやってきました。
Skogskyrko gården
(森の墓地)


森林の中に10万ものお墓があるそうです。

この日は、ガイドツアーに参加をしてきました。
d0260014_0271264.jpg


森の墓地には5つの礼拝堂と火葬場が点在しています。
ここは1番大きな礼拝堂。
ガイドさんの心意気で中を見せて頂く事が出来ました。
d0260014_0214986.jpg

こちらは、最も古くて小さな教会。
d0260014_0262025.jpg

d0260014_025332.jpg

ここには、大きな猫がよく来るそうで、
ガイドさん曰く、アスプルンドが猫になって遊びに来ているんだそうな。

こちらは、3番目に訪れた礼拝堂。
d0260014_0304554.jpg


墓地の至る所に水桶があって、そこには木片が浮いています。
ガイドさん曰く、この墓地は全てのモノに対して優しくできているから
鳥達が喉を潤しに来た時に、水が飲み易いように木片を浮かべてあるんだとか。
万物に愛を、とは、すばらしい!
d0260014_0352315.jpg


10月下旬に、日本のお盆のようなイベントが行われるそうなので
またその頃に来てみたいと思います。
[PR]
# by marugarden | 2012-08-12 21:15 | 訪れた場所
グスタフスベリ その①
ストックホルムから40分程のところにある
Gustavsberg
(グスタフスベリ)
を訪ねてみました。

陶芸作家の知人のアトリエがあるので
特別に!工房内にお邪魔させてもらっちゃいました!
壁面に並んでいるのが、作品。とってもキュート。
d0260014_23274574.jpg

作品創りの工程を見せてもらいました。
手作業で粘土を均一の厚みに伸ばして行くのは、とっても難しいのだとか。
d0260014_23302479.jpg

日本の桜や梅の花が大好きで
そこからとても影響を受けているそうです。

右下に写っているのが、日本で買った桜と梅のクッキー型だとか。
これを作品創りの際、いつも愛用してるそうです。
d0260014_23311422.jpg


グスタフスベリといえば
そう、ここはあの
リサ・ラーソンやリンドベリを輩出した窯元なのです。
d0260014_23443349.jpg

日本でお目にかかるリサ・ラーソンシリーズは
ここから誕生しているだなんて
作業場を目にして、テンション、あがりまくりです! 
d0260014_23433580.jpg

絵付けしている過程をすぐそこで見る事が出来ます。
d0260014_2346588.jpg

あ、この子うちにもいるいる!
始めは、こんなに真っ赤な顔をしてるんだぁ。
d0260014_2348146.jpg

こんな風に、窯に入っていたのねー(笑)
d0260014_2349504.jpg

すぐ手に届く所で乾燥中(笑)ゆるいな〜
d0260014_23485949.jpg

これらは、日本では考えられないようなお値段で購入できます。
しかも、イッタラのアウトレットショップも併設されているので
否が応でも、財布の紐はゆるんでしまいます・・・。
d0260014_235183.jpg


お土産に、彼女の作品を頂きました。
薄くて繊細で、とっても美しいお皿!
使うのがもったいないから、しばらくは飾っておこう。
d0260014_23383138.jpg

[PR]
# by marugarden | 2012-08-11 20:18 | 訪れた場所
ゴットランド島へ。
今日は早起きをして、
ストックホルムから4時間程のところにある
Gotland
(ゴットランド島)
へ行ってきました。

ストックホルム同様に
魔女の宅急便のモデルにもなった島。
この景色、見覚えあるある!
d0260014_2213847.jpg

お姫様みたいにきれいな女性が、海を眺めて黄昏れていました。
絵になるなぁ。
d0260014_2225464.jpg

ゴットランド島には、廃墟になった教会がいくつもあって、
なんだか天空の城ラピュタの世界のよう・・・。
なんと、ここで結婚式もできるそうです。
素敵〜!
d0260014_22111510.jpg

d0260014_22194133.jpg

廃墟の教会を利用した、野外音楽フェス。
d0260014_22101569.jpg


訪れたこの日は、1年に1週間だけ行われる「中世祭」をやっていました。
1年で最もゴットランド島が賑わう時期だそうです。
d0260014_2216135.jpg

街の人が中世時代のコスチュームを来て、普通に街中を歩いています。
ドラクエの世界に入り込んだみたい(笑)
d0260014_22183858.jpg

日本の縁日でいう射的?!
d0260014_22491790.jpg

インフォメーションもかわいい!
d0260014_22174645.jpg

美人姉妹が作るクレープ屋さん。
d0260014_222177.jpg

イケメン兄さんが作るホットドック屋さん。
d0260014_2222192.jpg

アーモンドナッツ屋さん。
天津甘栗のように、煎ってあるので香ばしくてとっても美味しい!
d0260014_224688.jpg

絵本の世界に出てくるような子供たち。
d0260014_22472220.jpg

中庭の隠れ家的カフェで小休憩。
d0260014_22533688.jpg

帰りはお洒落なピザ屋さんに立ち寄り。
大満足の1日でした。
d0260014_2251238.jpg

[PR]
# by marugarden | 2012-08-10 22:06 | 訪れた場所
お買いもの。
生活に必要なものを調達しに
街のスーパーにくり出してみた。

さすがデザインの国、北欧。
商品のパッケージがかわいい!

乳製品のパック。
d0260014_2355510.jpg

乾物のお豆さん。
d0260014_2375225.jpg

ビーンスの缶。
d0260014_2392859.jpg

粉ものの袋。
d0260014_23151330.jpg

d0260014_23105850.jpg

ブイヨンの筒。
d0260014_23113349.jpg

チューブ製品。エビ味はサンドイッチに挟むと美味でした。
歯磨き粉みたい・・・。
d0260014_23132354.jpg

じゃがいもの袋もこの通り。
d0260014_23142144.jpg

[PR]
# by marugarden | 2012-08-09 22:59 | 北欧のもの