maru garden
北極圏のウィンターマーケット!
スウェーデン北部の北極圏の町、JOKKMOKK。
お菓子で有名なヨックモックの由来にもなった地域です。

ここでは、極寒の季節である2月に
400年以上もの歴史を持つウィンターマーケットが開かれます。
Jokkmokks marknad
d0260014_057617.jpg

もともと先住民であるサーミと呼ばれる遊牧民が
トナカイの売買した事から始まったというマーケットですが
今ではジビエのソーセージや毛皮、革小物などを求める
観光客の姿で賑わいをみせています。
d0260014_110355.jpg

トナカイの毛皮は、安くて質が良いものらしく
手に抱えて持ち帰る人の姿を沢山見かけました。
場の雰囲気上、つい私も購入しかけましたが
何とか我慢しました(笑)
d0260014_1131112.jpg

マイナス気温の中での露店販売は、
毛皮を着ているとはいえ、さすがに寒そう・・・。

トナカイ以外にもキツネの毛皮を売るお店も。
d0260014_221270.jpg

オオカミやシロクマ、ヘラジカの剥製も
至る所に飾られていて、まるで猟銃博物館のようでした。
d0260014_1533.jpg

こちらはサーミの伝統的な工芸品たち。
d0260014_2233158.jpg

木の根や白樺で編まれたカゴ屋さん。
ただ雪の上に置いてあるだけなのに、絵になる光景。

色とりどりの毛糸と手編みのニット製品もとってもキュート。
d0260014_2374692.jpg

こちらのサーミ親子がやっているお店では、
伝統的な織りを施したベルトが美しい
フェルト生地のかわいいポシェットを購入しました。
d0260014_2452754.jpg

サーミの民族衣装をまとった人達。
d0260014_2503961.jpg

雪の中で見るサーミの民族衣装は
一際鮮やかで目を惹きます。
d0260014_2524671.jpg

男性もスカートのような衣装を身につけていて
歩く度に裾がゆれるのがとっても可愛かったです。
d0260014_254017.jpg

マーケットの他にもトナカイレースやワークショップなど
サーミの人たちによるイベントも盛りだくさん。

極寒の地での、ウィンターマーケットは
忘れ難いとても思い出深い体験となりました。
[PR]
by marugarden | 2013-02-11 03:22 | Comments(0)

北欧での生活を終え、日本に帰国しました。日々の暮らしの中で感じるコト・かわいいモノ について綴っています。


by marugarden

KEYWORD: スウェーデン,北欧,暮らし